転職

【転職回数が多いと不利?】転職回数の多い看護師の対策•採用されるポイント

悩める看護師

転職回数が多いと転職する時に不利になる?

転職回数が多くても採用されるポイントってあるの?

今回は、このような悩みを解決していきます。

この記事を読めば、

  • 転職回数が不利になる原因
  • 転職回数が多くても採用を勝ち取るポイント

これらの事がを学ぶ事ができます。

転職回数は、明確な理由があっての転職の場合はあまり不利にはならないです。

転職をして経験を積む事でキャリアアップを目指しているのなら、転職回数が多くても好印象となります。

ただ転職回数が多いだけでは不利になります。目的もなく、なんとなく転職を繰り返している場合は要注意です。

転職回数を無駄に増やさないためにも、良い転職活動を行なっていきましょう。

当記事を作成しましたのは、現役看護師ブロガーのかぽぽ(@mmmmm_040404)です。

かぽぽ

当サイトは、看護師の転職に特化しています。

様々な視点からあなたが転職を成功させられるように情報を発信しています。

初めての転職の方のために、【初めての転職の手引き】を公開しています。有益な情報が盛り込まれているので、あなたの転職に役立つでしょう。

登録必須の転職エージェントはこちら

転職回数が多い看護師は転職に不利?

 

目的をもった転職の場合は、それほど不利にはなりません。

しかし、目的もなくただなんとなく転職を繰り返している場合は不利になるでしょう。

かぽぽ

転職回数が多くても、目的をもった転職であることをアピールできれば内定の確率はグッと上がります。

転職回数が多いと不利と言われる理由

転職回数が多いと下記のような悪い印象を与えてしまいます。

  • すぐに辞めると思われる
  • 知識や技術が不足していると思われる
  • トラブルを起こしやすい人と思われる
  • 入職しても職場での人間関係を築けず、コミュニケーションが取れないと思われる

転職回数が多いとどうしても悪い印象を与えてしまいます。悪い印象を払拭するためには転職回数の理由をポジティブに伝え、自分は役立つ人物だとアピールする必要があります

悪い印象を払拭するためには、転職回数が与える悪い印象をよく知り対策していく必要があります。

すぐに辞めると思われる

転職回数が多いと、すぐに辞めてしまうと思われます。

かぼぼ

新しく職員を採用するにあたって、雇う側の医療機関は様々な費用がかかります。

すぐに辞められると、かかった費用が無駄になってしまうため、医療機関はすぐに辞めてしまう人は採用しようとは思いません。

入職して頑張って働きたいという意志を面接の時にアピールして悪印象を払拭しましょう。

知識や技術が不足していると思われる

短期間で転職を繰り返している場合、知識や技術が身についていないと思われてしまいます。

転職回数を重ねて得られたものを積極的にアピールして、知識・技術がある事を伝えていきましょう。

経験が浅く知識・技術に自信がない場合は、を正直に伝え、入職して習得していきたいと前向きに伝えるとGOODです。

かぽぽ

技術・知識に自信がないのに、あるように嘘をついて入職するのおすすめしません。

嘘は、入職してからの現場でバレます。今の自分の実力を正直に伝えて、あなたのレベルにあったスタートを切りましょう。

トラブルを起こしやすい人と思われる

転職回数が多いと、問題を起こしやすい人と思われてしまいます。

かぽぽ

トラブルを起こすのではないかと変な誤解をされないためにも、今までの転職理由をしっかり伝えましょう。

転職理由は、ポジティブに伝えます。前向きな転職理由は、相手側からの印象も良く、入職してからも力を発揮して活躍してくれると思ってもらえます。

入職しても職場での人間関係を築けず、コミュニケーションが取れないと思われる

入職しても職場に馴染めずに転職を繰り返しているため、転職回数が多いと思われる場合があります。

コミュニケーションがとれる人なのかは、面接時によく見られています。

  • 面接中の表情・雰囲気・振る舞い方
  • 質問への返答はしっかりできているか

面接中は、笑顔でハキハキと応えることを意識して、良い印象を与えられるように取り組みましょう。

転職回数が多い看護師の特徴5つ

転職回数の多い看護師には特徴があります。

  1. 妥協して転職してしまっている
  2. 目的をもたずに転職をしてしまう
  3. 転職グセがついてしまっている
  4. 他の職場に目移りしやすい
  5. 嫌な事があったらすぐに辞めてしまう

転職回数を無駄に増やさないためにも、特徴をよく知って対策していきましょう。

妥協して転職してしまった

転職回数が多い人は、妥協して転職している人が多いです。

かぽぽ

妥協しているので、転職先でも不平不満を抱き、また転職するというのを繰り返してしまいます。

自分が求める条件に合う医療機関をじっくり探しましょう。慌てて転職活動をして、妥協して入職しても良い結果にはなりません。

計画的に転職活動をしていくことで、転職回数を無駄に増やすことは避けられるでしょう。

>>転職に適切な時期について詳しく知る

目的をもたずに転職をしてしまう

目的をもたずに転職してしまう場合も多いです。

  • 現在の職場の嫌な人から離れたいから
  • ただなんとなく辞めたい気持ちがあったから転職した

これらのような理由で転職していると、本当に自分に合った職場には出会えません。

自己分析をして、自分が仕事に求める条件を明確にしてから転職活動を行えば、転職回数を無駄に増やすことを避けられます。

>>詳しい自己分析の方法はこちら

転職グセがついてしまっている

何度か転職していると、転職する事のハードルが下がってしまい、何かあればすぐに転職するという転職グセがついてしまっている場合があります。

入職してみて、配属された職場の本質が見えたり、慣れて働けるまで1〜2年はかかります。

短期間での転職を繰り返すのは、雇う側の医療機関から悪い印象を受けます。

本当に転職するべきなのか、毎回慎重に考えることをお勧めします。

かぽぽ

転職回数を無駄に増やさないためにも、入職を希望している、医療機関の見学には行くべきです。

自分の目で見て確認して、入職してからのギャップをうまないように取り組みましょう。

他の職場に目移りしやすい

転職回数の多い人は、他の職場に目移りしやすいです。

かぽぽ

他の職場に目移りしてしまい転職をしたが、前職の方が良かったと後悔する。と言うパターンは意外と多いです。

転職しなければ良かったと後悔しないために、転職に迷った時に考えるべきことを紹介します。

転職に迷った時に考えるべきこと
  • 今の職場の良いところ
  • 現在の職場を選んだ理由
  • 慣れた業務から離れてもよいのか
  • 現在の職場と今の職場をよく比較する
  • 自分のやりたいこと、向いていることは何かをよく考える

転職して後悔しないためにも、よく比較して考える事をおすすめします。

嫌な事があったらすぐに辞めてしまう

転職回数の多い人の中には、嫌なことがあるとすぐに辞めてしまう人もいます。

かぽぽ

看護師は人の命に関わる仕事をするため、怒られることも多々ありストレスフルな職場環境です。

そのような環境に耐えれず、転職を繰り返す人は多いです。

あなたに対して嫌がらせやいじめなどをしてくる人に対して耐える必要はありません。しかし、そう言う人のために転職してしまう前に上司に相談して、異動や嫌なことをしてくる人に対して対策をしてもらいましょう

転職回数が多い看護師の転職の対策

転職回数が多いからと、弱気になる必要はありません。

転職回数が多いあなたでも、転職を成功させるポイントを紹介していきます。

  • 前の職場の不平不満は言わない
  • 転職回数をポジティブに伝える
  • 目的をもった転職をアピールする
  • 入職して発揮できる力をアピールする
かぽぽ

転職回数をポジティブに伝え、志望している医療機関に、入職して頑張りたいという意志を積極的に伝えていきましょう。

前の職場の不平不満を言わない

前職の退職理由を聞かれて、不平不満をダラダラと話すのは絶対にダメです。

面接官は、面接時に不平不満ばかり言っている人に対して良い印象は受けません。

入職しても、不平不満ばかりを抱くのだろうと連想させてしまいます。

不安があって転職した場合でも、前職の経験を活かして、入職して頑張りたいと前向きにアピールしていくと好印象です。

転職回数をポジティブに伝える

転職回数をポジティブに伝えましょう

かぽぽ

転職回数が多い=様々な職場での勤務経験があると捉えることができます。

看護師の働く場所は様々です。それぞれの特徴があり、その経験はかけがえのない物です。

転職回数が多く、様々な職場を経験してきたからこそ分かるものがあると思います。

<志望している医療機関へのアピールのポイント>
様々な職場を経験したからこそ、気づいた事・大切にしたい思ったことを志望した理由と合わせて伝えると好印象です。

目的をもった転職をアピールする

志望理由をしっかりと伝え、目的をもった転職である事をアピールしましょう。

かぽぽ

『志望する医療機関で働きたい!』という熱意を積極的に伝えることを意識するとGOODです。

目的をもった転職をアピールするためには、転職する理由を明確にしなければいけません。

  • なぜあなたは転職するのですか?
  • 転職してどうなりたいのですか?
  • 転職してどう貢献したいのですか?
  • 転職してあなたの何を変えたいのですか?

転職をする目的を明確にしたら、入職してどのように貢献していけるのかもアピールしていくとより好印象です。

入職して発揮できる力をアピールする

転職回数が多い=様々な経験があるということでもあるので、入職して自分が発揮できる力を積極的にアピールしましょう。

かぽぽ

様々な職場での経験がある人は、その経験を活かしたアピールをしましょう。

同じ分野で転職してきた人は、その分野についての経験が豊富であることをアピールしていけば好印象です。

入職を希望している医療機関が、今まで経験のない分野である場合は、新しい分野に挑戦して看護師としての幅をさらに広げていきたいとアピールすると良いでしょう。

転職を失敗しないためのポイント6つ

  1. 情報収集に力を入れる
  2. 提供している医療レベルを知る
  3. 実際に見学に行き雰囲気を知る
  4. 求人情報と相違がない確認する
  5. 病院の方針について確認する
  6. 相性の良い転職エージェントにサポートしてもらつ

転職を失敗しないためにも、情報収集は非常に大切です。

情報収集に力を入れて、自分の条件に合う職場を見つけていきましょう。

かぼぽ

転職先を慌てて決めてはいけません。

慌てて決めると、自分の条件合わなくても転職をすることになります。

条件に合わないから、転職先でも不平不満が生まれる、結局また転職をすることになります。

転職を失敗しないためにも、当ブログでは転職の失敗事例を紹介しています。みんなの失敗を参考にして失敗しない転職をしましょう。

>>【よくある転職失敗例から学ぶ】転職を失敗しないポイントの詳細はこちら

情報収集を1人で行うのは、なかなか難しいです。そこで、転職エージェントの力を借りることをお勧めします。

登録必須の転職エージェントはこちら

【まとめ】転職回数が多くても転職を成功できる

転職回数が多くても転職は成功させられます。

転職成功のポイント
  • 前の職場の不平不満は言わない
  • 転職回数をポジティブに伝える
  • 目的をもった転職をアピールする
  • 入職して発揮できる力をアピールする

転職回数を無駄に増やさないために、情報収集と相性の良い転職エージェントに支援してもらうことは必須です。

転職エージェントを上手に使うためにはコツが必要です。コツを知って転職エージェントを味方にして転職を有利に進めていきましょう。

>>転職エージェントを上手に使うコツ

登録必須の転職エージェントはこちら

ABOUT ME
かぽぽ
看護師のお悩み解決かぽぽブログを運営しています、かぽぽです。 現役の看護師でもある私が、看護師の悩み解決をお手伝いします。 現在は、【看護師の転職】をメインに転職を成功させるためのポイントを書いてます。 それぞれが看護師として輝けるようにという想いを込めて運営しています。
転職を成功させたい人必見!【有料級】初めての転職手引き
詳細はコチラ
見ないと損!【有料級】初めての転職手引き
詳細はコチラ