転職

【HSP看護師が辛い8つの理由】HSP看護師の適職を教えます

悩めるHSP看護師
  • HSPで看護師をしてるのが辛い
  • HSP看護師が看護師するメリットはあるの?
  • HSP看護師が働きやすくするにはどしたらいい?
  • HSP看護師の私でも適職はあるの?

今回はこのようにHSPで悩んでいる看護師さんの悩みを解決していきます。

HSPの看護師さんは自分がなぜ辛いのかや自分の特性を知らないと辛さから逃れる事ができません。そして、適職にも出会うことができなくなってしまいます。

この記事を読めば、HSP看護師が辛い理由や特性、向いている職場・向いていない職場を理解でます。これらを理解する事により、あなたらしく働ける適職に出会え、明るい未来を築くとができます

当記事を書いたのは、現役看護師ブロガーのかぽぽ(@mmmmm_040404)です

実は、私もHSPです。周囲の雰囲気を人一倍感じ、辛くなってしまう事が多く何度も看護師を辞めたいと思いました。

現在は自分の特性と向き合いながら、急性期で奮闘しています。

HSPの私でも急性期ではたらけているのは、周囲の人が私の特性を理解してくれているからです。

かぽぽ

周囲の理解があり、仕事できるのは非常にありがたいです。

しかし、看護師の世界はHSPを理解してくれない人が大半です。そんな世界にきっとあなたも苦しんでいることでしょう。

HSP看護師がなぜ辛いのかを8つにまとめたので紹介していきます。


\HSP看護師は単発派遣が最も良い/

看護師の派遣なら【看護のお仕事派遣】登録必須

Contents

HPS看護師が辛い8つ理由

HSP看護師が辛い理由は下記の8つです。

  1. 不規則な勤務のため
  2. 女性社会の特有の雰囲気ため
  3. 頼まれた事は断れないため
  4. 人の目を気にし過ぎてしまうため
  5. 人との関わりが多く疲れてしまうため
  6. 患者さんに感情移入し過ぎてしまうため
  7. 仕事の責任が重く、常に精神的に緊張しているため
  8. 急変や臨時の指示で自分のペースを乱されてしまうため

HSPの人は繊細で他の人より何倍も傷つきやすく、疲れやすいです。

何でこんなにも辛いのかがわからないと悩んでいるHSP看護師の人は原因を知っただけでも気持ちは軽くなります。

\当サイト運営者が悩みを聞きます/

原因を知って辛さを取り除くためにも8つの原因について詳しく解説していきます。

不規則な勤務なため

HSPの人は不規則な勤務に向いていません

不規則な勤務に向いてない理由は、不規則な勤務だと溜まった疲れを癒すことができないからです。

HSPの人は外界からの刺激に過敏に反応し、常に周囲に気を遣っているため疲れやすいです。それに加えて、不規則な勤務となると、疲れが溜まり続けどんどん辛くなってしまいます。

女性社会の特有な雰囲気なため

HSPの人は女性社会特有の雰囲気に耐えられない場合が多いです。

女性の社会は陰口・悪口のオンパレードです。特に看護師の世界は命が掛かっているというプレッシャーからのストレスも大きく、人間関係がギクシャクしがちです。

HSPの人は周囲からの悪い雰囲気を感知してしまったり、陰口や悪口を言っている人の存在を敏感に感じ取ってしまう為、辛くなってしまいます。

かぽぽ

周囲のことを感じ取りたくなくても、感じ取ってしまうのは本当に辛いですよね。

特に自分の悪口・陰口を言われている事を察知した時は本当に辛い。

頼まれた事は断れないため

HSPの人は頼まれた仕事を断れない為辛くなりやすいです。

HSPの人は頼まれた事はなかなか断れない性質をしています。それに加え、自分のペースで仕事ができない事に強いストレスを感じます。

頼み事などでさらにペースを乱されると辛くなってしまいます。

かぽぽ

頼み事を断ってしまった事で、相手が困るのではないかと深読みしてしまい、断る事ができなくなってしまうんですよね。

人の目を気にし過ぎてしまうため

看護師の業務上、常に人の目があります。常に人の目があるのは周囲の刺激に敏感なHSPがつらくなる原因です。

特に新人時代はやる事全を先輩が見ています。キツく注意されることもあり、さらに辛くなり看護師をするのが嫌になってしまいます。

かぽぽ

周りからの目を気にし過ぎて、どんどん悪い方に考えて『自分はダメな存在だ』と落ち込んでしまった経験ありませんか?

人との関わりが多く疲れてしまうため

HSPの人は人一倍周りに気を遣っている為、多くの人と関わりすぎると疲れてしまいます

看護師は患者さんやその家族、看護師はもちろん他職種とも関わらなけれいけません。

そんな沢山の人関わる環境がHSPの人を疲れさせ辛くする原因です。

患者さんに感情移入しすぎてしまうため

HSPの人は感受性が豊かで誰にでも感情移入してしまいます

辛そうな患者さんやその家族にも感情移入していまい、自分も辛くなってしまう場合が多いです。

仕事の責任が重く、常に精神的に緊張しているため

看護師は命が掛かっている仕事である為、責任が重く業務中は張り詰めています。

ただでさえ、周囲からの刺激に敏感なHSPの人が、さらに強い緊張を与えられると、ストレスと疲労は何倍にもなり辛くなってしまいます

かぽぽ

HSPの人は、自分を責めがちです。頑張ってる自分を認めてゆっくり休んで下さい。

急変や臨時の指示で自分のペースを乱されてしまうため

HSPの人は、急な変化に混乱してしまいます。

看護師をしていると、急変が起こったり臨時の指示が出たりします。HSPの人は急な変更が苦手な場合が多く混乱してしまいます。

混乱して上手くこなせなかった事を引きずってしまうのも辛くなる原因です。

\辛くてどうしようもない時は相談して下さい/

HPSとは

HSPはHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略です。

HSPはアメリカのエレイン・N・アーロン博士が研究した結果見つけた概念です。

HSPは生まれつき非常に感受性が強く敏感な性質をもった人と言う意味です。

かぽぽ

HSPの人の脳は一般の人とは神経システムに違いがあり、刺激に過敏に反応しやすいとされています。

HSPは全人口の15%~20%にあたり、5人に1人があてはまると言われています。

HSPの4つの特性【DOES(ダズ)】

HSPの人はDOES(ダズ)といい4つの特性があります。

これら4つの全てに当てはまるとHSPと定義されています。

■ D:Depth of Processing/深く処理をする

  簡単に結論の出るような物事であっても、深くさまざまな思考をめぐらせる

■ O:Overstimulation/過剰に刺激を受けやすい

  刺激に対する反応が強く表れやすく、疲れやすい

■ E:Emotional response and empathy/全体的に感情の反応が強く、共感力が強い

  他人との心の境界線が薄く、相手の感情の影響を受けやすい

■ S:Sensitivity to Subtleties/些細な刺激を察知する

  他の人が気づかないような音や光、匂いなど、些細な刺激にすぐ気づく

引用:サワイ健康促進課『心が疲れやすくて生きづらい…それは「HSP」かもしれません』

HSPは病気ではない

HSPは様々な生物に見られる生存本能とされています。

周囲からの刺激を敏感に感じ取るのは、危険をいち早く察知して生き残るための戦略と言われています。

HPSの成功者を紹介

HSPを公表している有名人はおり、HSPではないかと噂されている人も多くいます。

  • 要潤
  • ベッキー
  • EXILE ATSUSHI
  • ロンドンブーツ 田村淳

このでは、HSPを公表している4人の有名人を紹介していきます。

要潤

要潤さんもHSPを公表しています。

ベッキー

いつも明るく元気なイメージのベッキーさんもHSPを公表しています。

EXILE ATSUSHI

EXILEとして大活躍したのち、現在はソロ活動をされている、ATSUSHIさんもHSPを公表しています。

ATSUSHIさんは著書『SIGN』にて、自身がHSPである事を告白しています。

ロンドンブーツ 田村淳

お笑い芸人の田村淳さんもHSPを公表しており、自身がHSPであると公表した際に批判された事をTwitterで明かしています。

【HSPの強み】HPS看護師のメリット

HSPは生きにくさを生むだけでありません。HSPの特性はメリットも多いです。

  • 後輩の指導に向いている
  • チームのバランスを保てる
  • 患者さんの気持ちに寄り添える
  • 些細な変化に気づけ急変を予兆できる
  • 周囲へ気を配れるため管理者に向いている
  • 丁寧な対応ができて、患者や職場から信頼を得られやすい

HSP看護師は自分を否定しがちですが、メリットに目を向けてみると生きにくさを軽減させられます

後輩の指導に向いている

HSPは共感力が高く些細な変化も気づけるため後輩の指導に向いています

後輩が辛い時や困っている時に寄り添う事ができるのもHSP看護師の素敵なメリットの1つです。

チームのバランスを保てる

HSP看護師は周囲に常に気を配っているため周囲のためにどう行動したらいいのかを理解できます

チームの状況を感じて行動でき、チームのバランスを保てるのもHSP看護師の大きなメリットです。

かぽぽ

あなたのきめ細かい心遣いが、チームをより良くしてくれてます。

患者さんの気持ちに寄り添える

HSPの看護師は他の人との心の境界線が薄く、相手の感情の影響を受けやすいため患者さんの気持ちを寄り添うことができます

あなたに深く共感してもらい寄り添ってもらえる事で患者さんは救われます。あなたの共感力の高さは素晴らしいメリットです

些細な変化に気づけ急変を予兆できる

HSP看護師は他の人が気づかない変化に気づけることも多く急変を予兆する事ができます

変化に敏感なあなただからこそ見つけられる異変があるのもメリットです。

周囲へ気を配れるため管理者に向いている

HSPの看護師は周囲への注意力と共感力が高いため管理者に向いています。

HSP看護師は相手の立場に立って考えられるため、部下達の働きやすい環境を作る事ができます。

丁寧な対応ができ、患者や職場から信頼を得られやすい

HSP看護師は物事を深く考え、共感力も高いため丁寧な対応ができます

共感して丁寧に対応してくれる、あなたを周囲の人は信頼してくれます。

相手のことを1番に考えて行動できるのは素敵なメリットです。

HPS看護師のデメリット

HSPの特性があなたにとって不利に働く時もあります。

HSP看護師のデメリットは下記の7つです。

  • 人の目が気になる
  • ペアでの仕事が非常に苦痛
  • 陰口・悪口に耐えられない
  • 多重課題をこなすのが苦手
  • 自分のペースで仕事をこなしがち
  • ストレスと不規則勤務で疲れが取れない
  • 患者さんやその家族の苦しむ姿に耐えられない

デメリットを理解すると乗り越える策も見えてくるので、デメリットの内容を詳しく見ていきましょう。

人の目が気になる

HSP看護師は周りの目が異常に気になってしまいます

周りの目が怖くて、自分らしく振る舞えない場合や緊張しすぎる時があります。

周囲からの目が気になりすぎると、ネガティブな評価をされていると思い込んでしまい、自分を追い込んでしまいがちです。

かぽぽ

若手のうち、特に新人時代は常に人の目があるので気になって辛くなりがちですよね。

ペアでの仕事が非常に苦痛

HSP看護師はペアでの仕事が苦手です。相手へ気を使い過ぎてしまい凄く疲れてしまいます。

今やどこの病院もPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を採用して、ペアでの仕事が当たり前になっています。

ペアでの仕事が苦痛で仕方ない人は、看護師は訪問看護など1人でもできる業務があるのでそう言った職場を選ぶと良いです。

陰口・悪口に耐えられない

HSP看護師は陰口・悪口に耐えられない場合が多いです。

HSP看護師は周囲に敏感なため、ヒソヒソと話しているのも察知してしまうため『自分のことを言われているのではないか』と想像してしまい辛くなってしまいます。

かぽぽ

誰かの悪口を聞いた場合でも、その人の事を考えてしまい自分が辛くなる事が多く、聞き流せないですよね。

多重課題をこなすのが苦手

HSP看護師は多重課題など複数のことをこなすのが苦手です。

急性期の場合はさらに臨時の指示や急変か起こるため、HSP看護師はパニックを起こしてしまいます。

自分のペースを乱されるのが苦手

HSP看護師はペースを乱されるのが苦手です。

看護師は多重課題にが苦手であり、さらにペースを乱されるの出来事が重なると混乱して疲弊してしまいます。

ストレスと不規則な勤務で疲れが取れない

HPS看護師は周囲の刺激に過敏な反応してしまうため、人一倍疲れやすいです。

疲れやすい性質と不規則勤務が重なると、疲れを癒す事ができず溜まり続けてしまいます。

かぽぽ

疲れが溜まると、思考もネガティブになりやすいです。

ネガティブ思考で全てを悪い方に考えて、辛くなってしまうという悪循環をうむので、規則正しい生活で休息をとるのはとても大切です。

患者さんやその家族の苦しむ姿に耐えられない

HSP看護師は共感力と物事を深く考える力が高いため、患者さんやその家族の苦しむ姿に耐えられない場合が多いです。

受け持ちだった患者さんを看取った時などの悲しみが深くなかなか立ち直れないというHSP看護師さんもいます。

かぽぽ

急性期の場合は患者さんに寄り添う時間がないくらい忙しいです。

そんな現状に悩み・苦しむHSP看護師さんは少なくないです。

HSPの特性はメリットにもなり、デメリットにもなります。次は、HSPとして上手に付き合っていく方法について紹介していきます。

HSPと上手に付き合っていく5つの方法 

HPSという特性をもちながらどう生きていこうかと悩む人は多いのではないでしょうか?

HSPの人がHSPの特性と上手に付き合っていく5つの方法を紹介していきます。

  • 適度に休みをとる
  • 自分の特性を理解する
  • 自己肯定感を高める
  • ストレス解消法をみつける
  • 信頼できる相談相手を見つける
悩めるHSP看護師

私は人よりも弱くてダメな人間なんじゃないか。

かぽぽ

そんな事はないですよ。

HSPの人は自己否定しがちですが、素晴らしい特性です。

特性と上手に付き合っていく方法を身につけてあなたらしく過ごしていきましょう。

適度に休みをとる

疲れを癒すために適度に休みをとりましょう。

人より疲れやすい特性という事を理解して、無理のし過ぎや頑張り過ぎに注意して休むことを意識しましょう

かぽぽ

人と自分を比べて『もっと頑張らなくては』と思いがちですが、自分は自分と考えるのも大切です。

自分の特性を理解する

生きづらさを感じている人の中には自分がHSPと気づいていないパターンもあります。

まずは、自分にはどんな特性があるのかを理解することから全てが始まります。

特性を理解する事で対策を立てることもでき、生きにくさを改善する役に立ちます。

自己肯定感を高める

HSPの人は自己否定をしがちです。

周りからの刺激に敏感な分、本来見えなくてもいいところまでみえてしまい、落ち込む事も多いです。

HSPは素晴らしい特性です。自分の特性をポジティブに捉えて、自己肯定感を高めていけるようにするとHSPとも上手に付き合っていけるでしょう

ストレス解消法を見つける

HSPの人は人一倍ストレスを溜めやすいです。

自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

かぽぽ

好きな物や好きな事に没頭する時間を作って、ストレス解消をしていきましょう。

信頼できる相談相手を見つける

信頼できる相談相手を見つけておくのも良いです。

1人でも抱え込んでしまうと辛くなってしまう一方です。相談できる相手を見つけて吐き出す事で、心は軽くなり『また頑張ろう』と思えます。

相談する相手は慎重に選ぼう

あなたの相談になるふりをして、あなたの話を周りに広めてしまうような人もいます。

相談する相手は本当に信頼できる人と思った人にしましょう。

以上5つがHSPと上手に付き合っていく方法です。

次にHSP看護師が看護師としての働きにくさを減らす方法を解説していきます。

HPS看護師が働きにくさを減らす方法

看護師の業界はHSPの人には働きにくい場合が多いです。

そんな働きにくさを軽減する6つの方法を紹介します。

  • 自分を責め過ぎない
  • 自分の仕事に集中する
  • 周りの人にHSPだと伝える
  • 頼まれても断る練習をする
  • 周りに気を使いすぎないようにする
  • 周囲の雰囲気を感じ取らないようにする

看護師はただでさえ気が強い人が多い中、繊細なHSP看護師が働くとなると本当に辛いと思います。

世の中にはHSP看護師に向いている職場もあるので、転職を検討するのもありです。

自分を責め過ぎない

HSPの人は自分を責めがちです。それに加えて看護師の世界は、相手の出来ていないことなどネガティブな面ばかりを責めるなどパワハラまがいの事が当たり前にあります。

そう言った時に、『自分はダメなんだ』とさらに責めるのではなく、自分は頑張ったと認めてあげるようにしましょう

かぽぽ

あなたはよく頑張っているし、頑張りを認めてあげよう。

自分を1番大切にできるのは自分だけだから、自分を責め過ぎてはダメ!

自分の仕事に集中する

できるだけ自分の仕事に集中しましょう。

HSPの人は特性ゆえ、周囲のさまざまな事に気がついてしまいます。時には特性である、敏感なセンサーを意識的に作動させないようにするのも重要です。

周りの人にHSPだと伝える

職場の人にHSPである事を伝えると働きやすくなる場合があります。

自分の特性を知ってもらう事で、周囲からの理解も得られ、辛い時に相談しやすくなります。

一人きりで抱え込まず吐き出していきましょう。

かぽぽ

私自身、信頼できる先輩に自分の特性を話してます。

理解してくれるて、辛い時に支えてもらえるのとても助かっています。

頼まれても断る練習をする

責任感が強い人が多く、人のためになりたいと思っているため頼られたら断れないです。

しかし、時には断る事も大切です。全ての頼み事を受け入れているとあなたがキャパオーバーになってしまいます。

かぽぽ

自己犠牲をしすぎると、あなたの負担が増える一方です。

自分の負担にならない程度の頼み事を受け入れるようにしましょう。

周りに気を使い過ぎないようにする

看護師の世界は気を使う相手が非常に多いです。

同じ看護師、医師、患者さん、患者さんの家族とあらゆる人に気を使い、1日勤務するだけで疲労困憊だとおもいます。そこにお局がいたらあなたは本当に辛いと思います。

いきなり周囲を気にするなとは言いませんが、少しずつ気にしないように意識づけていきましょう

周囲の雰囲気を感じとらないようにする

看護師の職場はピリついていたり、不機嫌な人がいる場合が多くHSP看護師には苦痛な環境である事が多いです。

不機嫌な人がいても、『自分のせいかもしれない』と思ってはいけません、

不機嫌なのは相手の問題であると考え、それ以上雰囲気を感じ取らないようにシャットダウンするようにしましょう

かぽぽ

敏感に感じ取ってしまうからこそ、周囲からの刺激をシャットダウンする意識をする必要があります。

看護師の世界はHSP看護師には辛い事が多く、『辞めたい』と悩む看護師も少なくないです。

しかし、辞められない看護師が非常に多いのが現状です。

HSP看護師が辛い職場を辞められない理由を解説していきます。

HSP看護師が仕事を辞めたくても辞められない理由

HSP看護師が辛くても職場を辞められない理由は下記の4つです。

  • 辞めると伝えることができない
  • 辛いのは自分のせいだと思ってしまう
  • 辞めることを周りに申し訳なく思ってしまう
  • 周りのためにもっと頑張らなくてはと思ってしまう

辞められない理由4つに当てはまっている場合、なるべく早めに辞める事に踏み切らなければ疲弊していく一方です。

辞められない理由を4つを詳しく説明していくので、あなたの状況と照らし合わせてください。

辞めると伝えることが出来ない

HSP看護師はどんなに辛くても辞めると伝えられません

自分の意見を相手に伝える事が苦手な人が多いため、限界まで我慢してしまいます。

かぽぽ

頑張って辞める事をを伝えても、引き止めに合ってしまうと断りきれずなかなか辞められないという事態も起きています。

辛いのは自分のせいだと思ってしまう

HSP看護師は全てを自分のせいにしがちです。

  • 自分が我慢したらいい
  • 自分のメンタルが弱いせいだ

などと全て自分のせいにして辞めるという決断をなかなかできません。

あなたが辛くてどうしようもない時は辞めても・逃げてもいいんです。無理し過ぎないようにしましょう。

辞める事を周囲に申し訳なく思ってしまう

HSP看護師は周りに申し訳なくという気持ちがあり辞める事に踏み切れない場合が多いです。

上司の中には『あなたが辞めて残される人の気持ちを考えて』などとプレッシャーをかけてくる人もいるようですが、自分が苦しい思いをしてまで周囲に気を配る必要はありません。

かぽぽ

辛い時は周りよりも自分を大切にして下さい。

あなたの心が壊れても誰も責任をとってくれません。

周りのためにもっと頑張らなくてはと思ってしまう

HSP看護師は責任感が誰よりも強いため、もっと頑張らなくてはいけないと思ってしまいます。

たとえ、肉体的・精神的に限界でも頑張り続けてしまうのがHSP看護師です。頑張り続けた結果、精神的に病んでしまうという事もあります。

かぽぽ

誰かのために頑張れるのは本当に素晴らしいですが、頑張りすぎるのは要注意です。

ここまでの解説で、HSPの特性やHSP看護師の向き・不向きを深く理解できたと思います。

次にHSP看護師の特性を活かした職場を紹介していきます。

HSP看護師の適職【向いてい職場環境とは】

HSPの特性を活かせれば素晴らしい看護師になれます。

HSPの特性を活かせる職場環境を紹介していきます。

  • うるさ過ぎない環境
  • 有給が取りやすい環境
  • 不規則な勤務がない環境
  • 休憩時間を確保できる環境
  • 1人でできる業務が多い環境
  • 人間関係と適度に距離をとれる環境
  • 少人数で同じ人と仕事ができる環境
  • 患者さんや業務が落ち着いている環境

もし、今『看護師を辞めたい』と悩んでいるのならちょっと待ってほしいです。

看護師の資格を活かして働けるところはたくさんあります。

まず、あなたに向いている職場を見つけられように派遣で様々な職場の雰囲気気を感じるのが良いでしょう。

\当サイト運営者も使っています/

看護師の派遣なら【看護のお仕事派遣】登録必須

それでは、HSP看護師に向いている職場環境を紹介していきます。

うるさ過ぎない環境

HSP看護師はうるさ過ぎない静かな環境で仕事をするのが向いています。

余計な刺激がない分、疲れすぎる事もなくなるのでお勧めです。

有給がとりやすい環境

有給が取りやすい職場もHSP看護師には向いています。

HSP看護師は繊細で他の人よりも疲れやすいです。疲れを癒すためにも有給を使いやすい職場を選ぶのをお勧めします。

不規則な勤務がない環境

HSP看護師は不規則な勤務がない環境を選ぶようにしましょう。

ただでさえ疲れやすいHSP看護師が不規則な勤務だと、より疲れが溜まってしまいます。

体調を万全に整えるためにも、不規則な勤務がない環境を選びましょう。

休憩時間が確保できる環境

勤務中の休み時間を確保できるかもHSP看護師には非常に重要です。

HSP看護師は常に気を張っている状態です。休憩で休める状況をつくらなければ、1日ずっと気を張った状態になってしまいます。

忙し過ぎず、休憩をしっかりとれる職場を選びましょう

1人でできる業務が多い環境

HSP看護師は1人でできる業務に向いています。

ペアの仕事など常に人の目がある状態は、HSP看護師にとって非常に苦痛で働きにくいです。

そのため、なるべく1人で仕事ができる職場を選ぶのが良いでしょう。

人間関係と適度に距離を取れる環境

HSP看護師は、職場の人間関係と適度に距離を取れる環境が向いています。

HSP看護師は周りにとても気を遣う特性をもっています。人間関係と適度に距離を取れないと、人間関係に悩み苦しむ事になってしまいます。

かぽぽ

人間関係の相性は人それぞれです。嫌な人が1人もいない職場はないかもしれませんが、あなたが落ち着ける環境を探しましょう。

少人数で同じ人と業務ができる環境

HSP看護師は少人数の同じ人たちと業務をするのが向いています

HSP看護師は多くの人とコミニュケーションをとる事に疲れてしまいます。疲れ過ぎないためにも少人数で同じ人達と働ける環境を選びましょう。

患者さんや業務が落ち着いている環境

HSP看護師は、患者さんの状態が落ち着いており急変の可能性が低く、業務量もさほど多くない職場が向いています。

HSP看護師は多重課題や急な変更がとても苦手です。時にはパニックになってしまう事もあります。

落ち着いて仕事をする為にも業務量とどのような患者さんがいるのかを知った上で職場を決めましょう

かぽぽ

向いている環境はわかったけど、具体的にどんな職場を選んだらいいのかわからないよ。

かぽぽ

大丈夫!そんな、あなたの為に具体的に向いている働き方や職場を紹介します。

HSP看護師は単発派遣が向いている

HSP看護師が最も向いているのは単発派遣の仕事です。

単発派遣のメリット
  • 時給が高い
  • 自由に働ける
  • 嫌だった職場は次回以降いかなくてよい
  • 職場の人たちとの人間関係と距離を取れる

病棟などで働いている看護師さんは一度単発派遣で働いてみて様々な施設を味わうと良いと思います。

看護師の派遣なら【看護のお仕事派遣】登録必須

HSP看護師が向いている診療科を紹介

HSP看護師の向いている職場は多くあります。

  • 訪問入浴
  • 訪問看護
  • 保育園
  • クリック
  • 企業看護師
  • デイサービス
  • 有料老人ホーム

訪問看護・訪問入浴の場合

在宅でのケアの場合、利用者さんとその家族と向き合う事ができるので、多重課題が苦手なHSP看護師でも向いています。

有料老人ホーム・デイサービスの場合

デイサービスや有料老人ホームはゆったりとしており、看護業務に集中しつつ利用者さんとじっくり関わる事ができるのでおすすめです。

かぽぽ

HSP看護師は『患者さんに寄り添いたい』と強く願う人達が多いため、在宅系や有料老人ホーム・デイサービスはとてもいいと思います。

クリニックの場合

クリニックは場所により忙しさなど様々ですが、夜勤がない・中抜けで休憩できると言う点でHSP看護師におすすめです。

保育園の看護師の場合

保育園の場合は、看護業務と保育業務がはっきり分かれているところにしましょう

どちらもやる事になると多重課題となり疲れてしまいます。

保育園で働きたい場合はあなたに合ったシステムの保育園を選びましょう。

企業看護師の場合

企業の看護師の場合は、急変など命に直結する事態は起こりにくいです。デスクワークがメインのためあなたのペースで働けます。

HSPの天職について【看護師以外で向いている仕事】

一般的には下記のような職業がHSPの天職と言われます。

  • 事務員
  • 清掃員
  • 図書館司書
  • 動画編集
  • プログラマー
  • WEBライター
  • WEBデザイナー
  • カウンセラー
  • 整体師・マッサージ師

主に1人で黙々とやれる仕事が多いです。

web系の仕事は在宅でも可能なので、自分が落ち着ける環境で働けると言うメリットは大きいです。

カウンセラーはHSPの特性の共感力や敏感に感じ取る能力を発揮する事ができます。

かぽぽ

私はブログの記事を集中し書いている時間がとても好きです。

『看護師辞めたい』と思っている人は副業として少しずつ始めるのもオススメです。

向いている職場や環境については深く理解できたと思います。

次に、向いていない職場について解説していきたいと思います。

HSP看護師に向いてない職場

HSP看護師に向いていない職場の6つの特徴は下記です。

  1. 騒がしい職場
  2. 残業が多い職場
  3. 休憩が取れない職場
  4. 有給が取りにくいなど休みにくい職場
  5. ICUやHCUなどの急変の可能性が高い部署
  6. いじめ・パワハラなど攻撃的な人がいる職場

もし、HSP看護師のあなたがこのような職場にいる場合は『自分は無理し過ぎていないか』と考えてみてください。

かぽぽ

無意識に無理をしてしまい、気づいた頃には心も体もボロボロになっていたというのを避ける為にも、自分の状態をよく知っておきましょう。

騒がしい職場

HSP看護師には騒がしい職場は向いていません

モニターの音や頻回になるナースコールはHSP看護師に知らず知らずにうちにストレスを与えています。

残業が多い職場

残業が多い職場もHSP看護師には向いていません。

ただでさえ疲れやすいHSP看護師が毎日何時間残業をしてしまうと、疲労が溜まってしまう一方です

疲労を回復させる為にも残業の少ない環境に身を置く事が大切です。

休憩が取れない職場

業務中の休憩が取れない職場もHSP看護師には向いていません。

外界からの刺激に過敏に反応してしまい、常に気を張っている状態のHSP看護師は、業務のどこかに休める時が必要です。

かぽぽ

休憩は大切な労働者の権利です。

休憩がしっかり取れない職場自体に問題がある場合が多いです。

有給が取りにくいなど休みにくい職場

HSP看護師は有給が取りにくかったり、休みにくい職場に向いていません。

HSP看護師は疲れやすく、疲れを癒す為に十分な休息が必要です。

有給がとれなかったり、休みにくい環境の場合しっかりと休む事ができず疲労が溜まり、精神的にも追い詰められるという悪循環になってしまいます。

かぽぽ

自分の心と体を守る為にもしっかりと休める環境で働きましょう。

ICUやHCUなどの急変の可能性が高い部署

HSP看護師は急変など突発的に発生するものが非常に苦手な傾向にあります。

HSP看護師は急変の確率が高いICUやHUCは向かない場合が多いです。

しかし、HSPの特性上に急変を予兆する能力が高いため、上手く職場に馴染めれば素晴らしい能力を発揮する可能性を秘めています

いじめ・パワハラなど攻撃的な人がいる職場

HSP看護師は攻撃的な人がいる職場はむきません。

HSP看護師は非常に繊細です。いじめやパワハラなど攻撃的な態度をとってくる人に大きなダメージを与えられてしまいます。

かぽぽ

非繊細さんなら受け流して気にしない事も、繊細なHSP看護師は深く傷つき、落ち込んでしまいます。

自分を守る為にもも攻撃的な人からはすぐに逃げるようにしましょう。

HSP看護師は急性期に向いてない?

HSP看護師は急性期で働くのに向いてないです。

HSP看護師が急性期が向かない理由
  • 非常に多忙
  • 厳しい先輩が多い
  • 急変の可能性が高い
  • 有給など休みが取りにくい
  • 職場がピリついている場合が多い

職場によっては上記に当てはらない場合もあるかもしれませんが、多くはこれらに当てはまります。

HSP看護師でも急性期に適応して楽しく働けているなら良い事です。しかし、辛く・苦しいと思っているのなら異動や転職を考えるのも一つの手です。

>>おすすめ転職エージェントBest5はこちら

悩めるHSP看護師

HSP看護師については分かったけど、本当に自分に合った職場はどうやって見つけたらいいの?

かぽぽ

大丈夫!

そんなあなたの為に自分に合う職場を探すための3ステップを紹介します。

HSP看護師のあなたに向いている職場の見つけ方の3ステップ

あなたの向いている職場に出会う為には下記の3ステップを行っていきましょう。

  1. あなたの苦手な環境を知る
  2. あなたの強みを知る
  3. あなたの条件洗い出す

3ステップを踏む事により、自分の事を深く知る事ができます。そうすることで、あなた自身が知らなかった自分に出会う事ができます。

あなたの苦手な環境を知る

まず、あなたがどんな環境が最も苦手なのかを考えましょう。

当サイトではHSP看護師に向かない職場をいくつか解説しましたが、あなたはどの職場が最も苦手でしたか?

全て同じくらい苦手だった人も、一部が苦手だった人もその苦手な環境に当てはまらない職場を中心に選ぶようにしましょう。

あなたの得意を知る

次に、あなたの得意を知りましょう。

得意と言われてもなかなかパッと浮かばないかもしれません。そんな時は自己分析をして自分の得意を見つけましょう。

>>自己分析の詳しい方法をみる

あなたの条件を明確化

あなたの苦手と得意が見つかったところで条件の明確化をしましょう。

あなたの得意を活かせる職場・苦手を避けられる職場を選んで求人を探しましょう。

悩めるHSP看護師

得意と苦手は見つかったけど、その条件に合う求人なんてみつけられないよ。

かぽぽ

大丈夫!

あなた1人では見つけられないかもしれませんが、転職エージェントにサポートして貰えば必ずいい求人が見つかります。

次に、HSP看護師にもおすすめの転職エージェントを紹介します。

HSP看護師におすすめの転職エージェント【看護のお仕事】

HSP看護師に最もお勧めしたい転職エージェントは看護のお仕事です。

なぜ看護の仕事がHSP看護師やの転職に向いているか解説していきます。

HSP看護師におすすめの理由
  • 豊富な転職実績
  • 業務界No. 1の求人数
  • LINEでのやり取りも可能
  • 24時間の電話対応も可能
  • あなたの希望をじっくり聞いて転職のサポートをしてくれる

看護のお仕事はあなたに寄り添って転職をサポートしてくれます。

HSP看護師は決断するのが苦手だったり、新しい環境になるのが苦手です。

そんな、あなたが良い転職ができるようにトコトン付き合ってくれるのが【看護のお仕事】です。

詳細ページ

\1分で登録できる/

【看護のお仕事】公式ページ

>>おすすめ転職エージェントBest5をみる

HSP看護師だからこその適職は必ずある

HSP看護師でも必ず適職はあります。

悩めるHSP看護師

そんな事を言われても、上手く業務をこなせないしパニックになってしまって辛い。

周囲からの視線や職場の雰囲気も苦手。

看護師向いてないよ。

かぽぽ

私も何度も看護師向いてないと悩んだ事あります。

でも、視野を広げると看護師働ける場所はたくさんあるしそれぞれ雰囲気は全然違う。

色々なところを経験してみて、あなたの働きやすいを見つけてみてはどう?

辛い状況だと、視野が狭くなってしまいお先真っ暗なように感じてしまいます。

そんな時はゆっくり休んで、派遣で様々な職場の雰囲気を味わったり、転職で環境変える事をお勧めします。

\当サイト運営者も愛用してます/

看護師の派遣なら【看護のお仕事派遣】登録必須

おすすめ転職エージェントはこちら

ABOUT ME
かぽぽ
看護師のお悩み解決かぽぽブログを運営しています、かぽぽです。 現役の看護師でもある私が、看護師の悩み解決をお手伝いします。 現在は、【看護師の転職】をメインに転職を成功させるためのポイントを書いてます。 それぞれが看護師として輝けるようにという想いを込めて運営しています。
転職を成功させたい人必見!【有料級】初めての転職手引き
詳細はコチラ
見ないと損!【有料級】初めての転職手引き
詳細はコチラ